ニキビがなかなか消えないなら化粧水をチェンジ

  1. ホーム
  2. 乾燥させないようにする

乾燥させないようにする

化粧水をつける人

保湿成分で潤いを与える

大人ニキビは思春期にできるものとは違い、乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが原因といわれています。適切な化粧水でケアしないと、繰り返し出来たり、治ったとしてもニキビ跡が残るので注意するようにしてください。大人ニキビの改善目的で作られた、保湿効果の高い化粧水を利用すれば、余分な皮脂を押さえて、肌の内側にたっぷりの潤いを与えてくれるので、肌荒れの原因である乾燥を防いで、健やかな肌に導けます。お肌が乾燥するとバリア機能が低下するので、紫外線や花粉、埃などの外界からの刺激に弱くなり、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。予防したいときは、化粧水に含まれたヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分で潤いを与えて、肌の中に水分を閉じ込めることが大切です。肌が潤いで満たされていれば、多少刺激を受けたとしても、ひどい肌荒れや炎症を起こすことはなくなるでしょう。ニキビ用の化粧水を選ぶ際、お肌がべたつきやすいので、さっぱりタイプを購入する方が多いですが、お肌が乾燥すると皮脂が余計に分泌されるので、べたつきの原因になります。ニキビが出来やすい人はさっぱりタイプよりも、しっとりタイプの化粧水を使って、お肌に潤いを与えるようにしてください。肌内部の水分をキープできれば、皮脂の分泌量も減るので、べたつかなくなりますし、ニキビや吹き出物が出来にくくなります。化粧水にビタミンC誘導体が入っていれば、肌のきめを整えられるので、ファンデーションのノリの良い、なめらかな肌になれるでしょう。